ナカログ

ナカログ:TOEIC800点に挑戦 ※充電期間を経て2018/9現在進行中…、フルマラソン(死ぬまでにサブ3 ベスト2017/3/5 3:10 ※現在充電期間中)、肉体改造計画(シックスパック挑戦 ※現在充電期間中)、子育て日記)
など、まあ要するに…独り言日記です。
毎日更新ではありませんが、1日1ネタを13年以上継続中(2006年1月より、4700日以上)
<< マレーシア二日目:20190724:ポートディクソン観光 | main | マレーシア四日目:20190726:クアラルンプール観光 >>
マレーシア三日目:20190725:ポートディクソンからクアラルンプールへ
今日はクアラルンプールへ移動日。
初日のタクのにーちゃんと闇営業の交渉がまとまり、KLへの異動のついでに、プトラモスク(ピンクモスク)、バクテー、両替店への立ち寄りと、ガイド三時間で440リンギット。
ポートディクソンまでの送迎代もかかるので、そんなに安くないけど、英語のスキルと交渉や荷物の安全など考えると一番合理的なので、にーちゃんにポートディクソンまで来てもらうことに。
チェックアウトのためにバギーを呼んだが混んでいたのか、全然来ない。最後の最後で荷物が一番多いのに荷物を手押しでロビーへ。
チェックアウトはすんなり、デポジットの620リンギットに追加で600ほど支払う。
にーちゃんは約束時間の五分前に到着。
またマシンガントークで観光地のパンフレットで営業してくる。
KLの道中のプトラモスクに到着。
思ったよりでかく、観光客が多い。団体のバスも沢山来ているので、有名な観光地なのだろう。
事前情報の通り、入り口で服装チェックがあり、女性と半ズボンの男はローブを着せられる。何故かかけら3はノーニード。小さい男の子はセーフらしい。
暑苦しい服を三人とも着せられるが、そんなに暑いと感じない。日本より絶対に過ごしやすい。赤道直下やのになんでや?
モスク内の見学を終えると、このモスクには他に大して見所がないことに気が付いた。
隣に首相官邸らしき建物があるが、さすがにそこまでは暑いので行きたくない。
あと、かけら3も電池切れで機嫌が悪くなってきてる。かなり速いが、にーちゃんに連絡。
近くで待ってくれてたようで、二分で到着。
次はバクテー点へ。
ローカル色の強い店だったが、店の前に車を停めれることと、エアコンの効いた室内席があることで、この店を選んでくれたようだ。注文通り。
スープありと無しバージョンのドライのバクテーをそれぞれ注文。チャーハンもかけら達用に注文。
にーちゃんと一緒に食べて記念撮影。
大人はバクテーはかなり旨かったが、子供達は見た目が良くないのであまり興味を示さない。
結局チャーハンばかり食べてた。
その後両替店へ。欧米の外人が並んでいて、紙に何か書いてる。俺も必要なのか?と困っていたが、ノーニードとのこと。そうやんな、両替でこんなん書いたことない。他の外人は何を書いていたのだろうか?
無事両替が済み時間が余っていたので、ドライブ観光にKL中心地を回ってくれた。中心街は渋滞でなかなか進まない。
クアラルンプールのホテル(パークロイヤル サービス スイート クアラルンプール(PARKROYAL SERVICED SUITES KUALA LUMPUR))に到着。にーちゃんに別れを告げチェックイン。
ホテルは長期滞在もできる広いホテル。キッチン、洗濯機もついてる。社長室のような仕事がガッツリ出来そうな部屋もあり、無駄に広い。
ちょうどスコールでプールは見に行けなかったが、俺が昼寝をしている間に見てきたかけら達によると、屋上のプールはなかなかだったようだ。明日いってみよう。
17時前になり一番食べたかったファティークラブへ。
一番人気の店は10キロ以上離れているが、どうしても食べたかったし、週末は混んでいるので今日しかチャンスがない。思い切って移動開始。
またGrabを使う。今度はマテンロウのアントニーみたいな風貌。ちょっと怖い。英語が喋れるので、また、闇営業を持ちかけてくる。
明日のプランやら、カニを食べた後、待っとこうかとか。
昨日のにーちゃんのように、マレーシアの電話を聞いてくるが、こっちの電話番号は使えないプランなので、繋がる術がない。
昨日のにーちゃんは、マレーシアではほとんど使われていないLineをわざわざ入れてくれたが、
それは出来ないようで、結局一時間後に迎えに来てくれるとのこと。
ファティーに到着。早く来たせいか席は三割ほど空いていた。しかしその後はすぐに満席になったので人気の噂は本当のようだ。
チリクラブ、パン、手羽先、サテーを注文。かけらたちもカニは少し辛かったようだが、ハンマーでカニを叩き割るのは面白がっており気に入ったよう。
追加でボイルのカニも注文。かけら2はホンマにカニが好きやな。
手羽先とサテーは同じ敷地内だが、別の店(屋台)がやっているようで、食べてる途中に金を払えと行ってくる。
手羽先とサテーだけでも旨くて安く、ビールに合うので、日本でやったらかなり人気店になりそう。
その他カニとビールの支払いは240リンギットちょい。
カニだけで180、後はビール。
追加カニを注文したこともあり、約束の一時間を過ぎた。
アントニーはもういないかと思ってたら、律儀に待っていてくれた。
連絡手段がないので、早めに迎えに来て待ってくれていたようだ。
グラブで値段を確認してツインタワーへ出発。闇営業開始。
やはり道が混んでいてなかなか進まない。かけら達はがトイレに行きたいと言い出す。
カニの店にいた時から行きたかったようだが、現地のトイレは使いたくないので我慢していたようだ。
特にかけら2は限界のようで泣き出した。強気なかけら2が泣くので相当なものだ。
何とか漏らさずにツインタワーのショッピングモールに到着。
このトイレでも並ばされたが何とか持ちこたえた。
アントニーにはGrabの表示額と高速料金を足した分を普通に払うつもりだったが、かなり安くしてくれた。
アントニーの儲けはあるのだろうか。
かけら2が漏らしそうなところかなり頑張ってくれたので、グラブの評価星5に加えてチップもプレゼントしといた。

ツインタワーの噴水を見て、コーヒーのんで歩いてホテルへ。
終われば、今日もなかなかハードな一日だった。かけら3はやっぱり電池切れ。
| nakamuraman | かけらのかけら | 23:22 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |







http://bl.nakamuraman.com/trackback/917977
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ 楽天


+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE