ナカログ

ナカログ:TOEIC800点に挑戦 ※充電期間を経て2018/9現在進行中…、フルマラソン(死ぬまでにサブ3 ベスト2017/3/5 3:10 ※現在充電期間中)、肉体改造計画(シックスパック挑戦 ※現在充電期間中)、子育て日記)
など、まあ要するに…独り言日記です。
毎日更新ではありませんが、1日1ネタを13年以上継続中(2006年1月より、4700日以上)
<< マレーシア四日目:20190726:クアラルンプール観光 | main | マレーシア六日目:20190728:帰宅 >>
マレーシア五日目:20190727:クアラルンプール郊外観光
流石に夜更かししたので、今日はかけら達に起こされた。
今日は寺観光へ。タクシーで20分ほど。電車なら歩く距離はほとんどないのに1時間かかるとのこと。まだ電車の整備は整ってないと言うこと。
200段以上の階段を上ることは知っていたので、朝早く涼しい時間に回ることに。
マレーシアは首都近くでも緑が多い。
土地が余っているので広い家が建てられそうだが、中心部のマンションに人が密集して住んでいる。こういったインフラ整備がまだまだなので、狭苦しくても中心部に住まないと不便でやっていけないのだろう。
到着。すぐに巨大仏像と急勾配のカラフルな階段が見えた。
仏像は大きくて本当に迫力がある。超大型巨人が実在すれば、こんな感じで見えるのだろうか?
登山開始。日本のくそ暑い夏なら本当にやってられないが、涼しいので後は体力勝負。かけら3が一番元気でどんどん登っていく。
途中にサルがいて階段上でココナッツを食べたり、好き放題している。鳩、鶏、サルと動物だらけ。
階段を上りきった。頂上にはお祈りする部屋っぽいのがありここで撮影して、ここの観光は終了。
上りきってみると急勾配の階段があったものの、距離や温度、登りにくさ、狭さから考えて、ベトナムのマーブルマウンテンの方がハードだった。
帰りは急勾配の階段を恐る恐る降りていく。
年間何人か、落ちて怪我してそう。
人間は階段を上り下りしていて必死だが、その回りをサル達が走り回っている。誰かが餌をあげてるのだろうか。
ようやく階段を下りると鳩の群れ。行きも鳩がいることを知っていたが、観光客向けに鳩の餌が売られていることが分かった。
売り子のおばちゃんからの5リンギットの提案を4リンギットにかけらが値切って餌購入。
かけら3が餌をあげ始めてすぐに、背後から来たサルに袋ごと持っていかれた。
サルがいるところでのあるある。俺も京都の猿山に始めていったときやられた。
かけら3半泣き。また4リンギットで購入。
思う存分餌やりを楽しんだ。日本にも鳩はいるけど、こんなに餌をばらまいて怒られない場所はない。ある意味貴重な経験。
かけら3もたった4リンギットで良い勉強が出来た。次からは気を付けるだろう。
餌を撒き終えた後もかけら3は一人で鳩と遊んでいる。動物とか餌やりとか本当に好きやな。
帰りもタクで帰りたいところだったが、かけら3の希望であえて電子に乗ることに。
チケットの自動販売機ぽいのもあるが、誰も使ってない。自販機ではないのか、壊れているのか良くわからんが、窓口に並びチケットを購入。チケットはICなのだがコインの形をしていて、これも面白い。
45分間隔の貴重な電車に乗り込んだ。冷えてて快適。
発車時間になったが一向に動く気配がない。
5分10分の遅れはここでは当たり前なのかと初めは考えたが、その後も全く動かない。
後から分かったが、しれっと乗る予定だった電車が運休になった模様。小さい音でアナウンスがあったのかも知れないが、貴重な電車なので、しっかり放送してほしい。他の現地の人は気にしている様子もないので、またか、てな感覚だろうか?
約一時間待った後、KL駅に到着。さすがに首都とあって駅がでかい。ホームに降りてから改札までむちゃくちゃ歩かされる。
無料バスで次の目的地パビリオンに行けることを発見。バスにも乗れたので、かけら3の両方の望みを叶えることが出来た。
パビリオンに到着。なにやらJapanフェス的なことをしている。日本人アイドルグループがショーをするようだ。ナルトの中途半端なコスプレとかいたし、現地日本オタクの集いみたいになってる。
興味がなく、人も多いので無視して昼飯へ。ディンタイフォン。
日本だと超高いイメージだが、マレーシア価格なのでそれほど高くない。
点心を一通り注文したが、かけら達は小籠包にハマったようで、追加注文した分も取り合うくらい美味しかったよう。確かに旨くてビールがすすむ。
パビリオンでは特に買うものも無いので、ガイドブックにあったローカルスーパー、ジャイアントに移動。
ここでばら蒔き土産を購入。
ベリーズのチョコを大量購入。中国人の爆買い並みに買ってやった。
店の人や、他の観光客も驚いていた。確かにこのチョコのせいで、スーツケースの片側全部が埋まってしまう。
ホテルに戻って昼寝。かけらとかけら3はガッツリ昼寝をしたが、かけら2はターバンの巻き方をYoutubeで研究している。
しっかり休憩して再度セントラルマーケットに到着。かけら2がまだ服を見たいらしい。
結局大したものを買わなかったが、俺は象のカバンを追加購入。
15リンギットでこれは安いし、デザインも自分好み。
セントラルでタクを待っていると、かけら2のイスラム変装を、インドネシアの同じくイスラム女性が発見。
日本で仕事をしていたことがあるそうで、日本語も上手い。あら可愛いと興奮。ベールのまき方が甘いと丁寧に教えてくれた。かけら2も嬉しかったよう。
最後の夜は、アロー通りの屋台へ。手羽先、サテー、あげそば、チンゲン菜炒めを注文。
手羽先とサテーは、全員一致で、カニのみせの屋台がうまいと言う意見。
屋台のごちゃごちゃの雰囲気が味わえたので、目的は達成。
再度ツインタワーに移動。かけらが噴水ショーをしっかり見たいらしい。
冷たい鉄板の上でフルーツを刻んで伸ばし、鉄ベラでくるくる巻いて仕上げるアイス。多分流行りのアイスを食べながら噴水ショーを2セット楽しんでホテルに戻る。
お菓子を食べてこの旅行一番の夜更かしをするが、みんな疲れていて直ぐに寝た。
サルの知能はかけら3を越える。鳩は世界中どこでも一緒。かけら3のなんちゃってイスラムは、なかなかのクオリティ。
| nakamuraman | かけらのかけら | 23:17 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |







http://bl.nakamuraman.com/trackback/917979
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ 楽天


+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE